健康いきいきワンポイント講座

華学 和博先生

血液循環を改善する気功療法

直立歩行は脳や心臓の血液不足を招いている

人類は直立歩行することで、血液は総量の75%が心臓より下の部分に集まり、脳や心臓・肺の血液が不足している状態になっています。
直立姿勢による血液循環の悪化は、血液が停滞する瘀血(おけつ)状態になり高血圧症をはじめ心臓疾患や脳血管疾患を招きます。

骨盤腔の瘀血が問題

人間は起立した時、地球の引力の作用によって心臓からの血液の排出量が減少するため、動脈が反射的に収縮して一度に血液が下がる事を防ぎ、脳へ送る血液量を確保する仕組みになっています。心臓と脳の二つの臓器に優先的に血液を供給するシステムが設定されているのです。しかし加齢などによって血液循環に支障をきたすと、血液は下がった状態が続き、瘀血(おけつ)状態になってさまざまな病気が発症します。特に骨盤腔(腹腔の続きで、骨盤に囲まれる部位)の瘀血は消化器系統や泌尿生殖系統の病気の原因になります。

神亀服気 亀の呼吸で血液循環を改善!

海亀が海面に顔を出し呼吸する動作を真似た「神亀服気」(しんきふっき)で、血液循環を改善します。

上体を前に倒す動作は、酸素の欠乏や欠糖に敏感な脳と心臓に血液を優先的に供給してくれます。うつむいたり、のけぞったりする動作は心臓・脳の新陳代謝に有益で機能を強め、精力を旺盛にします。

注意

高血圧の人や高齢者は前屈する時、頭を低くし過ぎないように注意して行います。慣れてくれば不快な感じが出ることなく気持ちよく行えるようになります。

作用

高血圧・心臓病・消化不良・内臓下垂・胆石・慢性前立腺炎・気管支炎・慢性腎炎などに一定の予防、治療作用があります。また顔面の諸器官の血液循環にもよく、長期に行えば五官の活動と顔面の健康・美容に積極的な作用があります。

↑ページトップへ

会員ログイン

メールアドレス

パスワード

次回からIDの入力を省略

健康食品通販サイトのダイセルヘルスケア通販オンラインショップ|よくある質問

便利でお得な定期お届けコース

お客様の声

「ぷるきら生活」定期お届けコースキャンペーン

健康いきいきワンポイント講座

安心の健康食品をご紹介するダイセルヘルスケア通販オンラインショップは、ノートン・セキュアサイトです。