ダイセルハナビラタケについて

ダイセルブランドのハナビラタケはここが違う!

β-グルカンを豊富に含んだきのこ「ハナビラタケ」に注目し、研究開発を行ってきました。
そして、今まで難しかった「ハナビラタケ」の安定栽培はもとより、量産化に成功。
コンピュータを使った微妙な温度や湿度調整。
人の手によるきめ細かな品質管理。
このようにして、安全、安心、安定した品質の、まさに“ダイセルブランド”と呼べる
「ハナビラタケ」を生み出しています。

β-グルカンの含有量が特に豊富!

ハナビラタケのβ-グルカン含有量の多さは、他のきのこと比較しても群を抜いています。乾燥重量の半分近くがβ-グルカンからできており、アガリクスと比べてもその含有量の多さは明らかです。

β-グルカンの含有量比較(乾燥100gあたり)

グラフ:β-グルカンの含有量比較(乾燥100gあたり)

出典:βグルカンの魅力(宿前 利郎)

画像:ダイセルハナビラタケ

β-グルカンへのこだわりへ

常に高い品質を実現!

最高の品質のハナビラタケを目指して

ハナビラタケも一つ一つさまざまな特徴を持っています。ダイセルでは数多くのハナビラタケの品種を分析し、特に優れた特徴を持った菌株だけを「ダイセルハナビラタケ」として選んでいます。

研究開発へのこだわりへ

画像:最高の品質のハナビラタケを目指して

画像:非常に難しいハナビラタケの栽培

非常に難しいハナビラタケの栽培に成功

ハナビラタケが育つ環境を再現した専用プラントをつくり、ハナビラタケの栽培に成功しました。コンピュータによる自動制御で高品質なハナビラタケを育てることができました。

栽培工程へのこだわりへ

体に安心、安全な管理体制!

収穫されたハナビラタケは、安全性についても厳しくチェックを行っています。含有物についても、細かく分析、試験を行い、お客さまのもとへおとどけしています。

画像:体に安心、安全な管理体制

品質管理へのこだわりへ

ページの先頭へ