ダイセルハナビラタケについて

栽培工程へのこだわり

難しいハナビラタケの栽培に成功

画像:難しいハナビラタケの栽培に成功

ハナビラタケは、非常にデリケートで、ごく限られた環境下でしか育ちません。ハナビラタケが自然の中で育つ環境を徹底的に研究し、その再現にこだわり、ハナビラタケの栽培に成功しました。

コンピュータを使い自動制御し、量産化を実現

画像:コンピュータを使い自動制御し、量産化を実現

ハナビラタケの栽培には、微妙な温度や湿度調整が必要です。コンピュータによる自動制御を行うことで、量産化を実現しました。

栽培工程を詳しくご紹介

画像:開始

培地作製工程

ハナビラタケを育てる培地作製工程です。栄養素を混ぜたオガコを瓶の中に一定量詰め込みます。そしてオガコの中心には、ハナビラタケの種菌を植える穴をあけていきます。その後、瓶のフタをセット。この工程まですべて自動化されています。

次に培地を入れた瓶を滅菌。瓶の中の雑菌を高温(熱)をかけて殺します。2段階にわけて温度をかえて滅菌し、すべての工程が終わるまでに約5時間もかかります。こうして徹底的に滅菌します。滅菌をしておかないと、きのこの95%位がカビでダメになります。つまり、この工程がなければハナビラタケは育ちません。
滅菌が終わると、クリーンルーム仕様の部屋へ。ここまでが培地作製工程です。

画像:培地作製工程

画像:開始

接種工程

いよいよ、栽培プラントに入っていきます。ここからは、クリーンルーム仕様なので、菌や埃がでないように、服を着替え、帽子をかぶり、手袋をして、靴も消毒し、最後にもう一度鏡で自分の姿をチェックします。まさに完全防備。そしてエアーシャワーに入ります。この後、手袋の上から消毒用アルコールで手を消毒します。
こうしてやっとプラント内部へ。

内部は、万一どこかの部屋で菌が発生した場合に備え、汚染が全体に広がらないように各部屋が小さく区切られています。まず、種菌を植える接種室に入ります。ここはかなり低い温度に設定してあります。雑菌が繁殖しないように、できるだけ寒い部屋で作業を行う必要があるためです。そして先ほど滅菌した培地に、種菌を植えていきます。

画像:接種工程

画像:2ヶ月

培養工程

次は培養工程です。接種した瓶を、一定の温度と湿度のある培養室に移します。ここで菌糸を培養します。植えた種菌がだんだん伸びてくると、瓶の中が白くなってきます。
最後は瓶の中、培地全体が白くなるのですが、ここまでになるには、6~7週間かかります。

画像:培養工程

画像:3ヶ月

発生工程

培養した培地を、次はハナビラタケを発生させる、つまり芽を出させるために発生室に移します。ここでも温度や湿度をコンピュータでコントロール。この温度、湿度の設定が大変微妙で難しい作業になります。この部屋で芽をだんだんと大きくしていき、発生をかけてから1カ月位かかってやっと瓶の肩口まで芽が伸びてきます。これがハナビラタケの子実体部分です。培養工程で2カ月、発生工程までで3カ月かかります。

画像:発生工程

画像:4ヶ月で完成

生育工程

栽培の最後は生育工程です。生育室に移して、ここでも子実体の成長に適した温度、湿度調整を行います。ここで1カ月。こうしてやっと1瓶あたり約100gのハナビラタケの誕生となります。最初から数えると、実に4カ月もかかります。きのこはそれぞれ固有の成長速度を持っていますが、ハナビラタケはきのこの中でも特に成長が遅い、のんびり屋さんです。その成長過程で雑菌やカビなどに触れるとダメになってしまうので、成長する間ずっと見守っていなければいけません。長い期間大切に育てることで、やっとハナビラタケになるのです。

画像:生育工程

ページの先頭へ